彼氏にパチンコをやらせてはいけない理由とは!幸せが壊れる可能性大

もし、あなたの彼氏が初めてパチンコに行こうとしているなら、全力で止めておくべきです。
今回は、愛していた彼氏がパチンコにハマってしまったお話です。

 

【投稿者コラム】

20代の頃、付き合っていた彼氏は、とても優しく大切にしてくれていました。
この人となら幸せになれる。と信じて疑わなかったことを良く覚えています。

ある時、彼が初めてパチンコをしたと聞きました。
彼の父親や、親戚など周りの人たちが、昔からパチンコが好きで、彼もやってみたことはなかったものの、興味があったそうです。
そして、初めてやってみたパチンコで、彼は大勝ちしたそうです。

ギャンブルに無縁な生活をしてきた私にとって、パチンコにはあまりいいイメージがありませんでした。
けれどパチンコの話をする彼は楽しそうで、デートの時にパチンコ屋に連れて行かれました。
パチンコはやってみるとゲームのようで、確かに当たると楽しいし、ハマる気持ちが少しわかりました。

その後も時々彼に連れられてパチンコ店に行くようになり、勝ったお金でおいしい焼肉を食べたり、私の欲しいものを買ってもらうこともあり、次第に私もパチンコが好きになりました。

 

彼はパチンコよりもだんだんスロットをするようになりました。
スロットには設定があり、いい台を確保すれば確実に勝てるとのことで、スロットをしに朝から並びいい台をとることができた日は閉店まで回すこともよくありました。
私もそれに付き合い、一緒にスロットをするうちに目押しなどもできるようになり、私もいつしかスロッターになっていました。

良いスロットの台が空いてない時はパチンコを打ち、時には大負けすることもありましたが、大勝ちした時の快感や興奮が忘れられず、私と彼は毎日のようにパチンコ店に入り浸っていました。
確かに楽しい日々でしたが、次第に彼の頭の中はパチンコやスロットでいっぱいになっていました。

資金がなくなると、平気で私に「金貸して」と言うようになり、私にお金がないと冷たい態度をとられて悲しくなりました。
記念日のデートでも、彼は最初にパチンコ店に寄り、デート費用を全部使い果たし、ボロ負けした彼はずっと不機嫌で、楽しいデートが台無しになったことが今でもトラウマです。

いつしか、私を大切にしてくれていた優しい彼はどこにもいなくなっていました。

 

パチンコやスロットは、それだけ人を変えてしまうのか、いや、パチンコやスロットをしなくても、もしかしたら彼はその程度の人間だったのかもしれない、と気づきました。

私は、彼と一緒にいるうちに、1人でも打つくらい、パチンコやスロットが好きになっていたのですが、彼の変貌を見ているうちに、もうパチンコやスロットに嫌気がさしてきました。

パチンコ店の外に出れば、ギャンブルとは無縁な、幸せそうなカップルがたくさん歩いています。
私は、彼とは幸せになることはないのだとわかり、彼にも、パチンコやスロットにも、別れを告げることにしました。

今では私もありふれた結婚をし、子供のいる母親として平凡な生活を送っています。
世の中にはパチンコやスロットで味わう楽しさよりも、ささやかでも幸せを感じられることが、たくさんあるのだと知りました。

コメントを残す