パチンコ依存症だった元彼/ギャンブルにはまる男はウソをつく

【投稿者コラム】

これは、わたしが10代の頃出会った男の話である。

彼とは高校からの同級生でお付き合いしていました。
卒業後は同棲もして上手くいけば、このまま結婚するかもしれないと一人浮かれていました。
あの頃の私に言いたい。結婚なんて無謀だということ。

社会に出た彼は大人の遊びを知り、のめり込んでいくのです。

お互いに仕事をしていたので帰りは遅く同棲していてもお互い一緒にいる時間が少なかったのです。
少ないながらも空いた時間に連絡を取り合ったりしていましたが
社会人になって初めてのボーナスがもらえる夏にある事件が起きます。

彼は、初めてボーナスを手にして家計に入れてくれるのかと思いきや、会社の先輩との付き合いで
全てお金を使ってしまったというのです。

私だけの給料じゃ、生活ができないため彼を問いただすと私が思っていたよりも酷い状況でした。
個人的には、先輩と夜の女の子がいるお店で使ったのかと思っていましたが
そうではなく、パチンコやパチスロに使っていたのです。

先輩にパチンコで勝てばお金が倍になるということを知った彼は給料を全てパチンコに使い
お金を増やそうと欲を出して毎日通っていたのです。

パチンコを教えてもらった最初の頃は、週に1回のペースで掛け金も1000円とまだ安かったのですが
1000円が15000円になった瞬間、彼の中で何かが変わったのです。

パチンコで勝つことに快感を覚えてしまい仕事の休憩時間や仕事が終わったあと必ず行くようになりました。
もちろん当時の私には、仕事で遅くなる、先輩と付き合いで飲みに行くなどと言い訳をしては
パチンコに行っていたのです。

今思えばそこで別れておけばよかったものの、当時の私は彼に依存していたのでお金を渡していたのです。
かなりバカですよね。
でも、彼が仕事で疲れているから息抜きにと月に1万円から3万ほど渡していたんです。

私が彼がパチンコ依存症だと気づいたのは、同棲した1年目の冬のことです。

仕事の営業のためにとある企業さんのところへ向かっていると、彼が朝からパチンコ屋の前で立って
開店を待っていたのです。
その日は、仕事があると朝早く出かけていたのにその彼がパチンコ屋の前にいるんですから
驚きですよね。

しかも、パチンコ代に数万円突っ込んでいて女の子に(コーヒーレディー)ポケットマネーを渡していたんです。
私には何もプレゼントしてくれないくせに、他の女の子には見え張ってお金を渡すなんて最低。

怒りを通り越して呆れてしまいました。嘘はつくし私が渡していたお金は全てパチンコに使っていたのかと思うと
将来この男性と結婚なんてありえないと思い、帰宅後彼と話し合いをして別れることになりました。

別れた後も度々パチンコ店にいる彼を見かけますが、本当に依存しているなぁと感じました。
開店前から並んで閉店まで居座っていたらしいので。

わたしが渡したお金を計算してみたら1年で200万くらい彼に渡していたのです。
(家計簿をつけていたので詳細はわかります)

わたしは彼に依存していたのでパチンコとは違うけど、彼に200万突っ込んでいたので同じことですよね。

コメントを残す